流星揚羽 第4回公演『東都灯綺譚』

開催日・開催期間
2009年07月30日~08月02日
会場
会場住所
東京都豊島区北大塚2-32-22
脚本
松尾美香
演出
松尾美香
出演
スタッフ
【舞台監督】伊藤智史
【舞台美術】稲田美智子
【音響】上野雅
【選曲】加藤智彩
【照明】工藤雅弘
【小道具】高木俊昭
【衣装】三浦久枝
【宣伝美術】武田朋子
【映像】新生璃人
【振付】平島茜
【写真】松井晃一郎
【演出補佐】浅田直美/藤田英明
【制作】高野麻美
劇団URL
https://ryuseiageha.gozaru.jp/
説明
【物語】
舞台は明治という時代を迎えた帝都、東京。
文明開化と騒がれる中で、期待の新星として

文壇に現れた逢坂愉理男。
彼の小説は民衆に熱狂的な支持を受けて、

あっという間に広まったが、
その内容に沿って起こる殺人事件が相次ぐようになった……。

新たに真実を伝える新聞を作ろうと夢に燃える

青年・秋代宣太は、事務所に居つく探偵、

十六夜未紅とその助手と共に、事件の真相に迫ろうとする。
しかし事件に絡む組織を通して、向かい合うことになるのは、
まさに彼ら自身の過去だった……。
劇的な進化を遂げる時代の中で、変わるもの、変えられないもの。
街を照らす明かりの中に浮び上るその場所は、誰もが知る己の在り処。
流星揚羽が新時代を生きた若者たちへ贈る『青春群像時代劇』