公演詳細

公演名7contents 第6回公演
『ChocoLate』
カテゴリー演劇
公演期間2011/02/10(木)~2011/02/13(日)
会場名 アイピット目白
会場住所東京都新宿区下落合3-20-11
脚本葵慎吾
演出葵慎吾
団体名 7contents
公式サイト7contents Fan Site
出演者名金子慎吾、植田ぴょん吉、鈴木亨、泰之、
石井サトシ、清宮良吾、ちゃお、小倉崇弘、
齊藤涼祐、松本健志、加東岳史(GAIA_crew)、
三熊こうすけ(劇団アニマル王子)、
青島愛海(エクスィードアルファ)、
新間篤(電脳シロアリプロジェクト)、
森下理沙(DMF、電脳シロアリプロジェクト)、
宮城剛、杉本恵太郎、濱田麻里江、細田英里、河上泰子
あらすじどんなに美味しい料理でも
どんなに楽しい時間でも
どんなに優れた接客でも
二度と来ません
こんな素敵なレストラン

7contents初の純愛系、
半シチュエーションコメディ。
バレンタインデー直前の今公演。
チョコレートの語源である、ショコラトル。
個々の胸に抱かれる
『苦い経験』と『苦い記憶』
『甘い思い出』と『甘い過去』の
純愛系全力馬鹿疾走交錯ストーリー。

関東近郊の山奥のその奥に、
ヒッソリと構えるレストラン。
『レストラン・デ・ショコラトル』
宣伝や広告を一切しない、
しかし味と接客は5つ星。
インターネットの普及によって、口コミだけで知れ渡り連日超満員で大繁盛の、隠れ穴場界の超有名レストラン。
「50周年記念パーティー」目前に、なぜか途絶える客足。
経営が傾くレストランから離れて行く腕利きのシェフ達。
徐々に閉店へと追いこまれていくレストラン。
そこに一筋の光が差し込む…
【招かれざるモノ】達の来店。
両手放して
歓喜の声を上げるオーナー
全力で
苦悩の呻き声を上げるシェフ達
苦悩の果てに訪れた
【招かれざるモノ】達のエール。
どうする、どうなる、
レストラン・デ・ショコラトル。
スタッフ【舞台監督】今泉馨
【照明】柳田充(LEPUS)
【音響】寺澤光
【美術】松原優介
【ヘアーメイク】Lichi
【制作】木川美由紀
【楽曲提供】野田吉行
【トータルデザイン】イズミカヤ 

形から探す

色から探す

テイストから探す

制作者・団体名から探す

ページのトップへ戻る